転居先のマンションのリビングを壁面家具にしました。

マンションを購入して転居が決まり、リビングをなるべく広く使いたいため、床から天井までの壁面の収納家具を買いました。
収納家具の中央にはテレビを置き、テレビ周りをスッキリさせました。
前に住んでいた時は、テレビボードの上に置いていましたが、気づくといろいろなものがテレビの周りに置かれているため、収納家具にしてDVDやテレビゲームソフトなどすぐに収納扉の中に直すようにして常にテレビ周りを片付けるようにしました。
また、リビングのあちらこちらに分散されて置かれていた、雑誌類、料理本や雑貨など全て収納家具内に整理して直すことで、必要な時にすぐに取り出すことができ、便利です。
また、以前は別の棚に置いていた私の趣味のオーディオセットも収納家具の棚の部分に納めることで、リビングが非常に広く使えるようになりました。
収納家具のいいところは、複数の家具を置いた時の出っ張りがなく壁一面をスッキリ、スマートに利用して、見た目もシンプルなところが私のお気に入りです。

意外なところに収納できるる収納家具

家の中が片付かない、そして片づけられないというのは困りものです。
何とか、きれいに片づけてすっきりとさせたいものではありますが、思うように片付かないものだったりします。
その理由は、収納をするスペースがないからかもしれません。
収納スペースを確保することによって、思った以上に簡単にすっきりと片づけることが出きそうです。
しかし部屋が狭いなどの理由で、収納するスペースを確保できないという人もいるでしょう。
しかし、収納するための家具を置こうと考えるのではなく、家具に収納がついているものをさがせばいいのだと思います。
それはどういう事かというと、どこの家のリビングに行っても、ソファーを置いている家は多いものです。
もしもそのソファーに収納がついていたらどうでしょうか。
ソファーの下の部分に収納がついているものがありますので、そういったものを活用すればいいのです。
ですので収納専用で収納家具を購入しようと考えるのではなく、家具を買うついでに収納がついていたという商品をさがせば、案外収納スペースは確保できるものです。